東京暮らしの記録

この春、新潟から東京に引っ越してきました!東京暮らしで美味しかったお店や、おもしろかったことなどを書いていきます^^

【六本木】東京ミッドタウンの美術館へ『音のアーキテクチャ展』に行ってきました!

音のアーキテクチャ展

東京ミッドタウンの敷地にある美術館「21_21 DESIGN SIGHT」

そこで開催中の企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」へ行ってきました。

わたしたち夫婦は知り合いからチケットをもらったのですが、行ってみてビックリ。
入場料:一般 1,100円だというのに、私たちが着いたときには入場待ちの行列ができていました!

内容はよくわからなかった!

入場の証のシールを服に貼り、いざ展示室へ!

・・・・・。
・・・・・。

現代アートだー!(爆)


ひとつの曲に対して映像作品が何種類もある感じ?
延々おなじ曲が流れ続けて、毎回映像が変わっていきます。

ホールみたいな廊下みたいな空間で座って鑑賞できます。


このわからない感じがアートって感じがする←けっこう怖かった。

展示は少ない

案外展示室は少なくて、ホール的な空間と、その前の空間で終わりでした。
こういう音楽タイプの展示はたぶん初めて見たのですが、ちょっと物足りないかな。

とはいえ、ずっと同じ音楽が流れ続けているので、頭に残りました。
映像もずっと見てたら中毒性があるような気もする。

3~4種類見ました。

中村勇吾さんという方がディレクターをされているそうで、
これだけ人の出があるということは、この方がこの世界では有名なのかなあと想像。

学がないと楽しめませんね!
ふわふわした気持ちで展示を後にしました。

この展覧会は、今日(10/14)までだそうです!

▼隣の建物ではツモリチサトの展覧会をやっていました(^^)